e-bekkan
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おめおめ!! | main | おめおめ!+エンドリチケット >>
んまんま!
2006.7.20.Thu.

Kミンはステキな1日を過ごせたかしらん。

私は接待のはずが、ちょっと頭にくることがあったので
すんごい残業して仕事をやっつけておりました。
その原因作ったMと営業さんが、接待の後
(地方に帰るのでみんな新幹線の時間で帰った)
いつものお店においでよと電話してきたのでちょっと寄ってきた。
ほんとは行きたくなかったんだけど
ここで行かなかったら「負け」な気がして。
Mともふつ〜に楽しんできました。(表面上はね。苦笑)
くっそ〜。
負けないもん!

朝はやる気が出なくて、言ってた通り食べ物レポやってた。
午後からはそれどころじゃなくなったけどね〜。
後半までいってるのでもうちょっと。
いけるかなぁ・・・。

時は流れて・・・・・。


以下、食べ物の話と写真ばかり(笑)


カイピリーニャ nuestro caipirinha
食前酒。
いきなり写真ないし(笑)
さとうきびから作る蒸留酒らしい。
「私だけ飲めません」と言ったら、
「ソルティードッグのお酒抜き」というのをくれた。
つまりグレープフルーツジュース!?


1
右から
穴子のキッシュ quiche de grongo
サーモンのリエット pate de salmon con sus huevas
リオハ風シャンピニオン champinion Riojana
プルポ ガリエガ pulpos a la gallega  プルポ=タコ/ガリエガ=?
ツナパイ empanadilla de atun
海老のアヒージョ gambas al ajillo アヒージョ=にんにく
鱈のベニエ bunuelo de bacalao

全部手で食べた。
キッシュが思ったより柔らかくてみんな苦戦。
シャンピニオンは赤ワイン漬けだったので、一口食べたら隣の人のお皿に。
そんでもってその時写真撮ってないの思い出したから
隣の人の食べてないのを写真用に借りてパチリ。
撮ってからまた戻しました(笑)


2
アントニオ ガウディ plato de Gaudi
ガウディのカラフルなレンガの作品をイメージしたものらしい。
お魚とカラフルな野菜を小さく小さく切ってカルパッチョみたいにしたもの。
おいちい。


3
フォアグラのフラン flan
塩味のプリン。みたいな。
濃厚なプリンで甘くないけどちゃんとカラメルの味がするの!
フォアグラのソテーみたいなのが出てきたら食べられなかったかもだけど
(食べ慣れないので。笑)これは大丈夫でした。
付け合せは枇杷とアスパラとメレンゲみたいなのは
ホワイトアスパラのエスプーマ。


エスプーマは食材をムース状にしたもの。
後で出てくるアイレは空気を加えてさらに細かい泡状のもの。
らしい。
食感は明らかに違います。


4
夏トリフのミガスとそのエスプーマ espuma de falso tartufo a estilo migas
白トリフとミガス(パンの炒めたもの?)に
白トリフのエスプーマがかかってます。
見た目に反して、アツアツなのでグラス触ってびっくりしました。
香りも味も濃厚でおいしいっす!


5
エビ芋のニョッキ、イベリコ豚のボロネーゼとパルメザンのアイレ
gnocci de patina bolonesa y aire de parmesano

エビ芋のニョッキにはとろーりチーズが入ってる。
「ボロネーゼと言えばルリカだよねぇ」と言いながら食べました。
パルメザンのアイレのっかってます。


6
カリフラワーのクスクス cous cous de califlor
カリフラワーを細かく刻んでクスクスみたいにしたもの。
周りにカンパリのゼリー(苦い)や、りんごやハーブがあって
見た目も味も楽しい。
事前調査のお陰で、私のにだけ松の実がのってませんでした。
素晴らしい!


この辺で、いいかげんお腹もいい感じになってきたんだけど
まだまだメインにはたどり着いてないんだよねぇ・・・。


7
フォアグラとコンソメ quinoa
最初粉末ののったお皿がきて(きなこ?きなこ?と匂いを嗅いでいた)
後でスープを注いでくれるんだけど
写真はいいから早く食べろと散々せかされる。
で、食べると・・・
ん?つめた〜い!!
フォアグラを粉末にしたものが凍らせてあって
その粉末と熱いスープを一緒に食べるとこれがまた不思議な世界に。
これまたぅんまい!!


8
サワラの西京フリット Sawara al frito
サワラの西京焼きをフリットにしてある(まんまやん)
隣と「いちばん強いんだよね」「それは最強」とあほ会話展開。
「この後お肉出てくるんだよなぁ」と思いながら食べてました。

やっとこメイン。
和牛ランプのステーキ filete de buey a la plancha
鴨のコンフィ confitado de muslo de pato
ウサギのシヴェ civet de conejo

の中から選べるんだけど、この日鴨がなかった。
他にもいくらかプラスで違う料理も選択可能。
本日の主役は牛肉で「ザブトン」と呼ばれる部位をチョイス。
+¥2000だったかな!?


9
私は無難に和牛ランプのステーキ
和風(おろし大根&わさび)、洋風(トリュフソース)が選べる。
いつもは和風にいくところ、他の2人が和風だったのとわさびが苦手なのと
普段食べないものをということで洋風に。
んまんま。

和風もウサギもザブトンもみんなのお皿を行ったりきたり(笑)
どれもおいしかったです。
10
これはウサギのシヴェ


この辺りでハルトのお迎えの時間が迫ってきたMっち。
お店の人が察してこの後大至急でデザートがドバーッと出てくる。
これがまたすごい量なのです。
実は、デザートの前にオススメの生ハムとかもあったらしいんだけど
時間の関係で省略。
デザート終わってから「じゃぁ、今から生ハムに戻るか」とか言ってたけど
お腹一杯で入らない(笑)


11
パンコンチョコラーテ-196℃ pan con chocolate –196℃
これも写真はいいから早く食べろと指令が。
カラフルなかけらがジャリジャリ入ってる。
ひとまず黒一点の彼に食べてみろというので彼は一口。
その瞬間の顔もおもろかったなぁ。
もう1人食べたら鼻から白い煙がぶわ〜っと。
ドライアイス食べてるみたいな感じ?って食べたことないけど(笑)
とにかく冷たい!
スプーンをお皿に入れっぱなしにしないように何度も注意される。
スプーンが冷えすぎて口ケガしちゃうよん。


12
フランボワーズショートのカクテル cocktail de frambuesa
これも上にかかってるのはフランボワーズのエスプーマ!?
下にはクリームチーズ?
結構慌てて食べてたのでじっくり観察してなかった。
おいしかったのは確か。


ホワイトチョコのムース espuma de chocolate blanco
出た!エスプーマ!!
ほんとにこの調理法好きだなぁ。
と書いたんだけど、写真もないし記憶もない(大笑)
こんなんあったっけ!?


13
チョコバナナ choco y platano
お祭りのとはちがって、うすーいチョコクッキーに(ドライ?)バナナが散らばってます。


14
1から順に(わかりにくい写真でごめんにょ)
ロッシュ roche
アーモンドがまぶしてあるチョコ?
ナッツだったので、怪しいと一口食べて隣へポイッ。


オリーブのマドレーヌ madorenas de oliva negra
食べたらおかずの味(笑)がしてびっくり。
みんなに「おかずの味するよ!」と言いまくって食べさせた。
デザートとしてはあまり好きな味ではなかったな。


カボチャの種のシナモン風味 semilla de calabaza
リスの気分で(笑)
これがなかなかおいしいのです。


チュロス ピペット pipeta de churros
シューの皮にチョコの入ったスポイトがささってる。
シューを口に入れてからスポイトを押せということで
口の中でシューとチョコが合体の味になるのでした。
「これピュッって顔にかけられるね」「でもホワイトチョコじゃないもんね」と
1人でしゃべっていたら隣から怒られた。てへ。
そしてチョコを吸うIちゃんを写メる私(笑)
知ってた?>Iちゃん


15
こぼれないカプチーノ cappuccino solido
ソーサーにカップが伏せて置いてある。
これからコーヒーがくるのかなぁと思いきや
中にはカプチーノのムースが。
これもエスプーマかな!?

最後はコーヒー、エスプレッソ、チャイのどれかをチョイス。
私は普通にコーヒーいただきました。

食事の間にはみんな延々とワインを飲み続けてたなぁ。
全部で何本くらいいったんだろ!?
私はウーロン茶とかペリエとか。


すんごいお腹いっぱいになったよ。
どれも美味しかった。
にしてもエスプーマとアイレが多かったなぁ。
いろんなものが泡になっていた。

一々わしらの反応が大げさなので、説明するお姉さんが
「いいリアクションですねぇ」と喜んでました。

デザートの合間にバースデーケーキを持ってきてくれたんですが
本人がケーキ持ってる写真ばっかり撮って、ケーキの写真忘れた(笑)
おしゃれでかわいかったのにぃ。

で、もちろんHappy Birthdayを歌いました。
みんなで歌う前端っこでhappy happy greetin’♪とハナウタうのも忘れない。
さすがに自然と音も合うし、途中からあちこちハモリ出すしで
お兄さんが「みなさん歌ってらっしゃるんですか?」と聞いてました。
はい、その通りです。

そんな盛りだくさんすぎるパーティーメニューでした。
途中急いだデザートがいつも通りに出ていたら
全部食べ終わるのに3時間以上は確実にかかってたでしょう。
部隊で行くのも楽しいかもね。
お酒飲んじゃえば1SHOCKくらい飛んでいくけどねん。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://e-bekkan.jugem.jp/trackback/1479
TRACKBACK
スペインを代表するワインの産地リオハは、国内唯一のDOC指定地でもあり、その名声...
リオハ:スペインワイン産地 | スペイン情報 ワイン・辞書・フラメンコなど | 2006/08/11 18:28